文字サイズ

W杯直前に激震!女子U17監督ハグって辞任 ほっとけない…女性職員が不快感訴え

 U-17女子日本代表監督を辞任したことが発表された楠瀬直木氏
1枚拡大

 日本サッカー協会は1日、U-17女子日本代表の楠瀬直木監督(54)が、同協会の女性職員へ不適切行為があったとして辞任すると発表した。協会の説明によると楠瀬監督は昨年6月に当該職員を業務時間中に軽く抱きしめる行為があり、今年9月にも不必要な身体的接触があったという。チームは今月13日からウルグアイで開催されるU-17女子W杯を控えており、同大会はU-18女子代表の池田太監督(48)が指揮する。

 2大会ぶりの優勝を狙うW杯を目前にして、先日メンバーを選出したばかりの楠瀬監督が辞任した。日本協会で開かれた会見。田嶋会長は「大きな大会を間近に控え、昨今のスポーツ界でのハラスメント、暴力の問題がある中で監督に不適切な行為があった」と苦渋の表情を浮かべた。

 説明によると、楠瀬監督は昨年6月に女性職員と打ち合わせをした際、別れ際に軽く抱きしめる行為があり、今年9月にも不必要な身体的接触があったという。不快感を持った職員が9月下旬に上司にメールで相談したことで事態が明らかになった。

 弁護士を交えて双方から事情を聴いた結果、セクハラと断じるには至らなかったが、女子委員会が今後の監督続行を困難と判断した。楠瀬監督も了承して辞意を申し出て、10月31日付で協会が受理。楠瀬監督と職員の見解に相違もあったというが、不快に感じた女性の思いを最大限に尊重する決断に至った。

 経緯を説明した須原清貴専務理事は、事件性のある性的接触は否定。楠瀬監督は「大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった」と話していたという。

 田嶋会長は「日本代表監督に倫理観と規律が求められるのは言うまでもなく、われわれも猛省せざるを得ない」と話した。日本協会は役員の責任も認識しており、今月の理事会で話し合うとした。

 U-17女子日本代表は13日にブラジル、16日に南アフリカ、20日にメキシコと対戦する。福島県内での合宿初日となった1日。今井純子女子委員長から伝えられた選手たちは驚いていたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス