文字サイズ

ピケ邸侵入の窃盗団逮捕 プロ集団の犯行

 スペイン1部リーグ、バルセロナのDFジェラール・ピケの自宅が窃盗被害にあった事件で、盗みを働いたとされるグループ15人が地元警察に逮捕された。数多くの余罪があるプロ集団の犯行だったという。

 スペインの一般紙ABCによると、このグループは26~61歳で構成され、東ヨーロッパのジョージア出身で他に21件の余罪があるほか、さらに9件の窃盗事件と関係があるのではないかとみられている。警察は現金1万3000ユーロ(約170万8000円)のほか、2キロ以上の純金製の品物や多くの電化製品、また侵入や金庫を開けるための各種道具を押収している。同グループは毎日のように活動、貴重品を見つけ出す術に優れ、逃走には公共交通機関を使うといった熟練の技術・ノウハウを持っていたとされる。

 ピケとポップス歌手シャキーラが被害にあったのは6月のこと。嵐の日の混乱に乗じて、バルセロナの本拠地カンプノウ近くの家に侵入され、時計や宝石類を奪われたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス