文字サイズ

PSGがコウチーニョに史上最高額オファー?

 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン(以下、PSG)がブラジル代表MFフィリピ・コウチーニョ(バルセロナ、スペイン)に史上最高の移籍金となる2億7000万ユーロ(約351億円)の引き抜きを敢行する準備があるという。

 バルセロナを拠点に展開するスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボによると、PSGはコウチーニョの代理人の一人と連絡を取り、その意向を伝えたという。クラブとしては支配下選手のブラジル代表MFネイマール、フランス代表FWムバッペに離脱の噂があり、特にネイマールの引き止め策として新たにコウチーニョを迎え入れたいとの狙いだが、仮にいずれかの選手を失う場合でも戦力的な穴埋めになるとの考えがあるとされる。

 バルセロナとしては昨年のMFネイマールに続き、2年連続でPSGに所属選手を狙われる形。もっとも前者は契約解除金が支払われ、抵抗できない状況だったが、今回のコウチーニョは4億ユーロ(約520億円)に設定されており、現状で移籍の可能性は必ずしも高くないと考えられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス