文字サイズ

本田がW杯V宣言「最後のW杯出るつもり勝つつもり」 スタンス変わらず熱く語った

 イベントを終えファンに手を振る本田圭佑
1枚拡大

 サッカーのW杯ロシア大会(6月14日開幕)で3大会連続の日本代表入りを目指すFW本田圭佑(31)=パチューカ=が16日、都内で行われた高級時計ブランド「ウブロ」のイベントに出席した。W杯に向け、大会の目標を「出る以上は常に優勝。1%以下かもしれないが…」と掲げた。優勝宣言にもかかわらず、2敗1分けで1次リーグ敗退に終わったブラジル大会から4年。現在のコンディションについて「一番良い状態」と胸を張る金狼が愚直に頂点を目指す。

 スタンスは変わらない。目前に迫ったW杯の話題となると、本田は目を見開いて語った。

 「もちろん、まだ最終メンバーは決まっていないですけど。自分は行くつもりで、しかも勝つつもりで準備したい。優勝できる可能性は1%以下かもしれないけど、可能性はある。僕は出る以上は常に(目標は)優勝としか、これまでも言ってこなかった」

 コンディションにも自信がみなぎる。イタリアからメキシコに新天地を求めて一年。順応には苦労したが「1年間、標高2400メートルのところでトレーニングしていたし、効果は1、2カ月続くと聞いている。実際、平地に戻っていろんなテストもやっているが、数値に関してもいい感じ」。シーズンは4月中に終了も、体は仕上がっているという。

 メンバーに選出されれば3度目の大舞台。「一番いい状態にあると思う。フィジカル的に下降はしていないし、そこに経験が積み重なっている。(過去の2大会と比べて)一番期待してもらっていい」と語る。

 ハリルホジッチ体制では当落線上と思われたメンバー入りも、4月に入って西野監督に交代したことで大きく前進。「これがおそらく最後のW杯。これまでやってきたことをすべて出すつもり、それぐらいの情熱を注ぎたい。集大成」。熱い言葉を現実のものにできるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス