文字サイズ

イニエスタ“ワイン移籍”へ 新天地は中国

 イニエスタ
1枚拡大

 スペイン1部リーグ、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、今季終了後に下部組織を含め22年所属したチームを退団、新天地に中国を選んだという。この決定には自身のサイドビジネスが少なからず関係しているとされる。

 スペインのマルカ紙によると、イニエスタは出身地のフエンテアルビージャでブドウ農園を含めたワイナリーを2010年に設立し、家族で経営している。複数の関係者によると、このほど生産したワインを年間200万本中国へ輸出する話が進んでいるという。

 イニエスタは今月中に現チームに残留するか、移籍かを明らかにする意向を示しているが、複数の報道によると退団が濃厚な情勢。イニエスタと“終身契約”を結んでいるバルセロナも、本人の意向を尊重する考えだという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス