文字サイズ

ドルトムント香川が左足負傷 後半途中交代…けがの詳細は不明

 前半、競り合うドルトムントの香川(左)とハンブルガーSVの酒井高=ドルトムント(共同)
1枚拡大

 「ドイツ1部リーグ、ドルトムント2-0ハンブルク」(10日、ドルトムント)

 ドルトムントのMF香川真司(28)が、ホームでのハンブルガーSV戦の後半17分に左足を負傷して退いた。試合は2-0で勝った。MF長谷部誠がフル出場したアイントラハト・フランクフルトは、ホームでケルンに4-2で勝った。マインツのFW武藤嘉紀は敵地でのホッフェンハイム戦にフル出場し、チームは2-4で敗れた。

 香川が左足を負傷し、後半17分に退いた。15分ごろに敵陣で味方にパスした後に痛そうなそぶりを見せ、交代を訴えた。けがの詳細は明らかになっていない。クラブ広報によると病院には行かなかったという。

 シュテーガー監督が就いた昨年末から出番を増やし、調子を取り戻していた。3月のベルギー遠征での日本代表復帰も期待されており、けがの状態が心配される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス