文字サイズ

杉本健勇 悔し代表初ゴール W杯代表に第一歩も不満「あと2点は取れた」

 前半、ゴールを決める杉本(左)
1枚拡大

 「国際親善試合、日本3-3ハイチ」(10日、日産スタジアム)

 答えはシンプルだった。代表初先発のFW杉本健勇(24)=C大阪=が待望の国際Aマッチ初ゴールで、ハリルホジッチ監督の起用に応えた。

 「たまたまでした。決めるか決めないかが大事。どんなゴールでもいいと思っていた」

 1-0の前半17分だった。乾-浅野-杉本-倉田とパスが渡る。MF倉田秋(28)=G大阪=のシュートはGKに阻まれたが、リバウンドに反応。左足を振り抜いた。当たり損ないワンバウンドしたボールは相手DFの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

 C大阪U-18時代に通った大阪・興国高では運動に優れた生徒を集めた「アスリートアドバンスコース」の1期生。高校1年時に担任を務めた坪内一次教頭によると、当時から運動能力は秀でていたという。スポーツテストでは「立ち幅跳び、ハンドボール投げ、50メートル走は全て学年で1番。飛ぶ、投げる、走る全てにおいて一級の力を持っていた。立ち幅跳びなんかは他の生徒は比べものにならなかった」と振り返る。

 センターFWとして前線で起点となるプレーを披露。後半19分にピッチを去った。「あと2点は取れた」と不満も口にする。W杯への思いを問われて「強くなっている。でも個人的には今のままでは出るだけになってしまう」。向上心を胸に、代表の定位置獲りへ挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス