文字サイズ

シャペコエンセ・エウトロピオ監督が来日 15日にスルガ銀行CS

スルガ銀行チャンピオンシップで浦和と戦うシャペコエンセのエウトロピオ監督が来日
1枚拡大

 スルガ銀行チャンピオンシップ(8月15日・埼玉スタジアム)で浦和と対戦するブラジル・シャペコエンセのヴィニシウス・エウトロピオ監督とFWアルトゥールの2人が11日、来日した。

 スルガ銀行チャンピオンシップは、昨季のルヴァン杯王者と、南米のコパ・スダメリカーナ王者によって覇権を争う大会。シャペコエンセは昨年11月28日に同杯決勝に向かう途中にチャーター機が墜落事故にあい、71人が犠牲となった。決勝戦は延期となり、のちに相手のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に譲られる形で王者となり、来日が実現した。

 シャペコエンセは7日にスペインでバルセロナと親善試合を戦い0-5で敗戦。墜落事故で生存した3選手もユニホーム姿で登場した。

 シャペコエンセは5日の浦和-大宮戦(埼玉)にはチーム関係者を派遣して情報収集を行うなど、本気モード。バルセロナでの試合を経ての来日。長旅続きの日程にも同監督は「フライトは快適だったよ」と笑顔だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス