文字サイズ

日本代表FW大迫31日W杯予選ピンチ 右足首靱帯損傷で数週間離脱へ

 サッカーのドイツ1部リーグ、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也
1枚拡大

 サッカーのドイツ1部リーグ、ケルンは1日、所属する日本代表FW大迫勇也(27)が右足首の靱帯(じんたい)損傷で数週間戦列を離脱すると発表した。日本代表が臨むW杯ロシア大会アジア最終予選のオーストラリア戦(31日・埼玉スタジアム)、サウジアラビア戦(9月5日・ジッダ)に出場できない可能性が出てきた。

 大迫は7月31日のボローニャ(イタリア)との練習試合で負傷。8月1日に病院で診察を受けた。大衆紙ビルトは松葉づえ姿の写真とともに、シュテーガー監督の「状態はよくなさそうだ」との見方を伝えている。ケルンは20日にドイツ1部リーグの開幕戦を迎える。

 日本はW杯最終予選B組で2試合を残して勝ち点17の首位。2位以内が自動的に本大会出場権を得られ、日本はオーストラリア戦かサウジアラビア戦で1勝すれば6大会連続の出場が決まる。両チームとは勝ち点1差の混戦となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス