文字サイズ

川崎「旭日旗」掲出自粛を要請 混乱避けるため浦和も同様措置

 サポーターが旭日旗を掲げたことに端を発した騒動でアジア・サッカー連盟(AFC)から執行猶予付きの無観客試合の処分を科された川崎は、ACLのイースタン戦(9日・等々力)で旭日旗掲出の自粛を要請すると8日、明らかにした。持ち込み物検査などで問題になりそうな掲示物を見つけた場合、使用を控えるよう理解を求める。

 「旭日旗に差別的、政治的な意図はない」との主張を続けているが、韓国では会場内の混乱を招き、AFCから処分を下された経緯がある。当面はACLでの会場への持ち込みは慎重に対応する方針という。

 10日にアウェーでACL・FCソウル戦を控える浦和も、サポーターに旭日旗などの政治的要素のある掲示物の持ち込み禁止を求める。既にホームページに注意事項を掲載。周知徹底を図っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス