文字サイズ

イブラ代理人 ミラン買収の中国投資家を批判

 サッカーイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチ(35)やフランス1部、ニースFWマリオ・バロテリ(26)の代理人として知られるミノ・ライオラ氏(49)が18日、ACミランを完全買収しようとしているものの、金銭譲渡が長引いている中国投資家グループを批判した。19日付のイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 ミランのGKドンナルンマの代理人でもある同氏は「彼らがここまでミランに対してやってきたことはクソだ。ポジティブなところは何もない。インテルの新オーナーとなった中国人たちとは違う。インテルを欧州の6、7以内のトップ・クラブに引き上げるプランを持っている」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス