文字サイズ

インテル・長友 後半から途中出場「腐らずに努力することだけを考えて」

 「イタリア1部リーグ、インテル・ミラノ3-0ラツィオ」(21日、ミラノ)

 インテルの日本代表DF長友佑都はラツィオ戦の後半18分から途中出場し、無難にプレーした。チームは3-0で快勝した。

 前半攻めあぐねたインテルは後半9分、相手のクリアミスからMFバネガのシュートで先制。同11分にはFWイカルディのヘッドで追加点を奪った。同18分には長友が左サイドでピッチへ。同20分のイカルディのこの日2点目で試合を決定づけた。

 長友は同37分、MFペリシッチからのパスをオーバーラップして前線で受け、左サイドからクロス。FWパラシオが頭で落とし、ゴール前にいたイカルディに渡ったが、シュートはゴールの右角をたたき、得点にはつながらなかった。以下、長友との一問一答。

 -後半2点を取ってからの出場となった。

 「(ラツィオのFW)フェリペ・アンデルソンと(後半14分から出場した背番号14)ケイタっていう、すごい速い選手がいたんで、監督にしっかりそこをケアしてくれって言われてましたけど」

 -後半37分にはいい形でチャンスを作ることができた。

 「チャンスがあったら、いいタイミングで上がりたいなと思ってたんで、スペースもうまくできたし、ペリシッチとの関係もすごく良かったと思うんで」

 -ペリシッチとはいつもいいタイミングで合っている。

 「そうですね、彼とはいつも話し合っているんで、いい関係はできてます」

 -前半振り返ってみて。監督が代わったりした。

 「まぁ監督が代わるのはもう慣れていますけれど、ただ試合に出られないことも多かったし、出たり出られないの繰り返しもありますけど。長いサッカー人生でこういうこともあると思うんで、しっかり自分自身腐らずに努力することだけを考えて、ずっとやっていきますよ」

 -厳しいポジション争いが続いているが。

 「そりゃあ厳しいでしょう、いい選手いますから。いい選手が毎年のように入ってくるし、そこは厳しい戦いが続くかなと思いますけど。僕自身、楽しんでいるんで」。

 -今日の試合が独身最後の試合だった?

 「ありがとうございます」

 -そうなんですね?

 「いや、わかんないです。皆さんのご想像にお任せします(笑)」。

 -明日(日本へ)帰るのか。

 「はい、明日帰ります。1年間ありがとうございました。ブォン・ナターレ!(イタリア語でメリー・クリスマス!の意味)」

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス