文字サイズ

J2熊本、7月の主催試合は県外開催も

J2熊本は5月22日、震災後初のホーム戦、水戸戦を日立柏サッカー場で代替開催。イレブンは試合後、サポーターにあいさつ
1枚拡大

 J2熊本の7月の主催試合が熊本県外で行われる可能性が再び出てきた。本拠地うまかな・よかなスタジアム(熊本市)が使えない場合、大津町運動公園球技場での開催を検討していたが、同球技場はナイター設備がなく、仮設の照明も全国的に不足しているという。

 うまかな・よかなスタジアムを所有する熊本県は20日に同スタジアムが使用可能かを判断。熊本の池谷社長は「駄目なら外(県外)の可能性が高い」と語った。

 池谷社長は今期決算について約1億円の赤字となる恐れがあるとも説明。クラブは財務上で約5000万円の余裕があり、同社長は「1億は最悪の場合の試算。(リーグ参加資格を失う)債務超過にならないようにする」と強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス