文字サイズ

ミラン株式48%をタイ人投資家に譲渡

 サッカー日本代表FW本田圭佑の所属するイタリア1部リーグ、ACミランが5日、クラブの株式48%をタイ人投資家のビー・テチャウボン氏に譲渡した。クラブの公式サイトが発表した。

 同サイトは同日、「ミランはシルビオ・ベルルスコーニ会長が大部分の株52%を保持することになった。またテチャウボン氏が48%を購入した。双方が合意に至った」と発表した。6日のイタリア主要各紙によると、同氏は株48%を5億ユーロ(約675億円)で購入したものとみられる。

 また、ベルルスコーニ会長は新監督について「ミハイロビッチ?最高にいい印象を持った。活力があり、人間としてもレベルが高い」と話した。ガゼッタ・デロ・スポルトは今回の5億ユーロの中から、すぐさま1億ユーロ(135億円)が新しい選手の獲得資金として運用されるのではないかとみている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス