文字サイズ

ハリル流全開!遠藤に代表引退勧告

 代表メンバーを発表し、笑顔で質問に答えるハリルホジッチ監督
1枚拡大

 日本サッカー協会は19日、国際親善試合チュニジア戦(27日・大銀ド)と同ウズベキスタン戦(31日・味スタ)に臨む代表メンバー31人を発表した。バヒド・ハリルホジッチ新監督(62)の初陣となる2試合に向けて、ベテランのMF遠藤保仁(35)=G大阪=が代表から外れる“サプライズ”があった。多人数招集に加えて、国内の親善試合では異例となるバックアップメンバー12人も発表され、早くも『ハリル流』全開となった。

 プロジェクターを用いてメンバーを読み上げる。その人数は31人という多人数の招集に加え、合宿に参加しないバックアップメンバー12人も発表する。自ら前に出て、身ぶり手ぶりで熱弁を振るうこと約50分間。そのすべてがハリル流だ。

 新指揮官が打ち出した柱は2つだ。「この2試合はとにかく勝つためにやる」「ロシアW杯のために準備をする」。現在と未来をシビアに見据えた。就任から短い期間だったため、メンバー選考の主導はあくまで技術委員会。だが、霜田技術委員長によれば「ほとんど彼が選んだと言える」。メンバー用紙にメッセージを込めた。

 現在を考えたのは、アジア杯メンバーが21人選ばれている点に表れる。「最初の試合は、どういった方向性でやるか皆さんにお見せしたい」と必勝を期す。負傷でプレーできないDF長友、内田、MF今野を招集した理由については「我々の目的を知ってほしく、コミュニケーションをとりたい」と説明した。

 未来に向けては、大ナタも振るった。35歳のベテランMF遠藤に「日本のレベルを高く上げてくれた。ここ数年、日本代表に貢献してきた彼のことを忘れてはいけない」と最大限の敬意を払いつつ、事実上の代表引退勧告と受け取れるコメント。ロシアW杯を見据えて苦渋の決断で、メンバーから外した。

 12人のバックアップメンバーは合宿に帯同しない。ただ、「バックアップメンバーを作った理由は、グループは大きいということ。準備をしておいてくれとのメッセージ。競争が始まるということ。日本代表は全員に開かれている」。すべてはロシアに向けた競争心を植え付けるためだ。

 「これが18年に向けて我々の道だと、示していきたい」と新監督。千変万化を繰り返し、ロシアへの旅路を進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス