文字サイズ

長友フル出場!3位ナポリと引き分け

 「イタリアリーグ、インテル・ミラノ0-0ナポリ」(26日、ミラノ)

 サッカーセリエA第35節インテル・ミラノ対ナポリが26日(日本時間27日早朝)、ミラノのサン・シーロ・スタジアムで行われ、インテルは3位のナポリと0-0で引き分けた。インテルの日本代表DF長友佑都は左サイドハーフで90分フル出場し、シュート1本を放ち、センタリングを上げるなどのプレーでチームに貢献した。

 この日の長友は、アルゼンチン代表FWイグアインがいるナポリに対して、攻守で見せ場を作った。前半15分、長友はセンタリングを2トップの1人、イカルディに合わせた。また後半8分には左サイドをドリブルで駆け上がり、チャンスボールを出し、FWパラシオが頭で合わせたが、ボールはゴール枠外へ逸れた。続く9分にはМFコバチッチからのパスを受けてセンタリング。パラシオとナポリGKレイナとの交錯で得点にはつながらなかった。そして37分、またもやコバチッチからのボールで左サイドから長友がシュート。ナポリGKレイナがセーブし、決勝点とはならなかった。

 守備面でも前半28分、ナポリのМFカレジョンのマークでエンドラインぎりぎりまでマークしつつボールをキープ。結果的に相手にボールを触らせて自軍ボールとする粘り強さを見せた。何といっても後半5分は決定的なシーンで失点の危機を救った。ナポリのFWイグアインがエリア内のゴール前でシュートしたボールを、ジャンプしながらディフェンス。結果的にこのシュートが長友の肩に当たり、失点のピンチを切り抜けた。試合は0-0で終了した。5月4日には日本代表МF本田圭佑の所属するACミランとのミラノダービーが行われる。日本人選手がこのダービーマッチで対戦するのは初めてとなる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス