王座陥落の井岡一翔「そりゃ泣きますよ」今後は白紙を強調も「人生としての挑戦はまだまだ終わらない」

 「ボクシング・WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦」(7日、両国国技館)

 WBA王者の井岡一翔(35)=志成=がIBF王者のフェルナンド・マルティネス(32)=アルゼンチン=との統一戦に判定0-3(112-116、111-117、108-120)で敗れ、2度目の防衛に失敗し、王座から陥落した。井岡はプロ通算成績は31勝(16KO)3敗1分けとなった。

 35歳の井岡は今後について、「自分がこの先人生としてどういうふうに戦っていくかは考えないといけない。終わったばかりですし、そこまで考えられてはいない。タイトルは取ってないし、考えていたことが全く白紙になったので、考えようがないですね」と明言せず。「自分が全力で生き抜いたことには自分自身で自分を受け入れたいし、自分自身も満足したいし、バランスをしっかり考えて今後のことは考えていきたいし、今はゆっくりしたい」と語るにとどめた。

 判定となった試合は完敗だった。コールを聞くと、ぼう然と立ち尽くした井岡。タオルで顔を覆い、涙に暮れた。

 「そりゃ泣きますよ。悔しいですもん。涙もあふれるし、期待に応えたかったですし、いろんな気持ちっていうのは、気持ちの中で胸詰まる思いはもちろんありますし。でも人生なんでね。こういう経験できて、人生としての挑戦はまだまだ終わらないし、どの道に行っても戦い続けることは変わらない。僕は僕の生きるって決めた道を生きて行くだけなので」。傷だらけの顔を上げ、きっぱり言い切った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス