涙の陥落の井岡一翔 長渕剛が優しく抱きしめねぎらう

 「ボクシング・WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦」(7日、両国国技館)

 WBA王者の井岡一翔(35)=志成=がIBF王者のフェルナンド・マルティネス(32)=アルゼンチン=との統一戦に判定0-3(112-116、111-117、108-120)で敗れ、2度目の防衛に失敗し、王座から陥落した。井岡はプロ通算成績は31勝(16KO)3敗1分けとなった。

 激しい打ち合いとなったが、IBF王者の強打に屈する形で完敗。コールを聞くと、ぼう然と立ち尽くした井岡。タオルで顔を覆い、涙に暮れた。

 その後はリングサイドの関係者の席を回った。見守った歌手の長渕剛は井岡を優しく抱きしめてねぎらった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス