岩田翔吉 TKOで世界前哨戦をクリア 難敵から左で2度のダウン奪う「世界を取る自信はあります」

 世界前哨戦で6回TKO勝ちを収めた岩田翔吉
 世界前哨戦で6回TKO勝ちを収め、勝利者インタビューを受ける岩田翔吉
2枚

 「ボクシング・ライトフライ級10回戦」(6日、後楽園ホール)

 WBC・WBO世界ライトフライ級1位の岩田翔吉(帝拳)がジャージール・トリニダード(フィリピン)に快勝し、世界前哨戦をクリアした。

 独特の軌道を持ち、これまでダウンのない相手から3回、左アッパーで最初のダウンを奪い、6回に左フックでダウンを追加。ラッシュするとレフェリーが試合を止めた。

 岩田は「課題を含めてジムでしっかりやりつつ、ストロングポイントを伸ばせていければ世界を取る自信はあります」と、22年11月以来の世界挑戦をアピールした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス