文字サイズ

スダリオ 1回53秒瞬殺!ヒョードル戦熱望「引退に追い込めれば」

 「RIZIN.37」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 MMAルール120キロ契約5分3回戦で、元大相撲十両貴ノ富士のスダリオ剛(25)がボンサイ柔術黒帯でプロレスラーでもある関根“シュレック”秀樹(48)=ボンサイブルテリア=に1回53秒TKO勝ちした。開始間もなく、左フック一撃で相手が崩れ落ち、追撃を加えようとしたところでレフェリーがストップ。今後について、エメリヤーエンコ・ヒョードル(45)=ロシア=ら外国勢との対戦を希望した。

 日本ヘビー級最強を決めると言える一戦を一撃で制した。スダリオはこれまでRIZINで4勝1敗。昨年は米国で武者修行し、公開練習では大相撲時代よりも引き締まって筋肉量が増した肉体と力強いミット打ちなどを披露して成長を感じさせ、スダリオを破ったシビサイ頌真とスダリオの双子の弟である貴賢神に連勝するなど勢いに乗る“因縁”の関根を迎え撃った。

 開始から、サウスポー構えへのスイッチなどをしながらプレッシャーをかけていったスダリオ。コーナーに関根を追い詰めると、前に出た関根のガードが下がったところに強烈な左フックがヒット。崩れ落ちた関根に右アッパーからのグラウンドパンチで追撃しようとしたところでレフェリーがストップした。

 スダリオはリング上でマイクを持つと、「次は日本人じゃなくて外国人でお願いします」とアピール。インタビューでは対戦したい相手を問われ、「何言っても早いとか勘違いとか言われるんですけど、エメリヤーエンコ・ヒョードル選手(ロシア)とかとやらせてもらいたい」と、元PRIDEヘビー級王者らの名を挙げ、「名前があって引退していない海外の選手がいっぱいいるので、引退に追い込めればと思っています」と意気込んだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス