文字サイズ

ゴージャス松野が生体腎移植手術 パートナーが難病「急速進行性糸球体腎炎」でドナーに

 プロレスラーでタレント・ゴージャス松野が、ドナーとして生体腎移植手術を受けるため、当面の間プロレスを欠場することが28日、分かった。所属団体のDDTが発表した。

 DDTによると、パートナーの田代純子さんが昨年1月、ANCA関連血管炎に伴う急速進行性糸球体腎炎を発症。治療を行ってきたが、この度、松野がドナーとなり生体腎移植手術を受けることが決まったという。手術の予定は8月末だが、移植手術の準備、術後の経過措置のため、しばらくの間、欠場するという。

 松野は「転んでも何度でも立ち上がる!それが私のモットーです。ゴージャス松野は不死鳥です。必ずリングに戻ってきます。そして、ゴージャスナイトも必ず開催しますので、皆さん是非待っていて下さい」とコメントした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス