文字サイズ

井岡一翔 大みそか最強アンカハスと統一戦決定 現役最多V9王者「人生で一番強い」

 「ボクシング・WBO・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦」(12月31日、大田区総合体育館)

 日本人唯一のボクシング世界4階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)=志成=が12月31日に東京・大田区総合体育館でIBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(29)=フィリピン=と王座統一戦を行うことが25日、発表された。この日に都内で開かれた会見で井岡は、現役世界王者最多の9度防衛を誇るアンカハスを「人生で一番強い」と評し、「純粋に勝ちたい」と内容より結果にこだわる姿勢を示した。

 熱望し続けたビッグマッチが、コロナ禍の困難な状況の中でついに実現。井岡は「率直にすごくうれしい。アンカハス選手とできなければ大みそかに統一戦はないと思っていた。それが実現したのは、ビックリする気持ちというか、来たなという気持ち」と感激した。

 大みそか決戦は節目の10回目。「早いです。階級も、すべて変わってる。一度引退会見(17年大みそか)もしているので、自分も想像していなかったところまで来たなと思う」と感慨深げに話した。

 アンカハスは戦績33勝(22KO)1敗2分け、5年以上も王者に君臨する強打のサウスポー。井岡は尊敬の意を示しながら「メチャクチャ強い。人生で一番強い」と評価する。

 サウスポーに苦手意識はないといい、「攻撃が出だすとガードの上からでも繰り出してどんどんリズムに乗ってくる。そこは封じたい」と戦いをイメージ。最近は圧勝宣言が目立つが、この試合に限っては「KOとかいいパフォーマンスと言いたいところですけど、純粋に勝ちたい。IBFのベルトを獲るために必死に全力で挑みたい」と強調した。

 この試合を制すれば、目標である日本人初の4団体統一へ残るはWBAとWBCの王座を保持するファン・フランシスコ・エストラーダ(31)=メキシコ=のみとなる。「オファーしたいと思っている。獲って、やらないといけないんじゃないの、と言うぐらい追い込みたい」と、この試合の意義を強調した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス