文字サイズ

山本美憂対RENA RIZIN沖縄で再戦 美憂「リベンジ」RENA「負けられない」

 再戦が決まったRENA(左)と山本美憂(RIZIN FF提供)
 山本(右)を下したRENA=2016年9月
2枚

 総合格闘技のRIZINは13日、沖縄県内で「RIZIN.32」(11月20日、沖縄アリーナ)の会見を開き、シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENA(30)=シーザージム=と元レスリング女子世界王者の山本美憂(47)=KRAZY BEE/SPIKE22=が対戦すると発表した。

 両者は16年9月に美憂のデビュー戦で対戦して、RENAが勝利して以来の再戦。RIZINの榊原信行CEOは対戦が決まった経緯について、沖縄大会を計画中に、総合格闘技デビューから練習拠点を置いて居住していた沖縄に思い入れのある美憂からメインイベントでRENAと対戦したいことを志願されたという。それを伝えられたRENAが受けたことで、沖縄大会の開催を決めたと説明。「日本の女子格闘技を今のステータスまで押し上げた」といい、今回の再戦が「大みそかへのステップをにらんだ負けられない戦い」と意義を語った。

 美憂は20年大みそかに浜崎朱加(AACC)に敗れて以来の試合。「家族とも言えるような人たちが沖縄にはたくさんいる。成長した自分の姿を見てもらいたい。それが皆さんへの恩返しになる。デビュー戦の頃からはだいぶ成長して、だいぶ強くなったと思う。今回リベンジします」と誓った。

 RENAは20年9月に富松恵美(パラエストラ松戸)に勝利して以来の試合で、美憂との再戦に「練習を積み重ねて強くなっている自信がある。1回対戦させていただいて、美憂さんとは運命を感じていて、美憂さんとだから時代を動かせたし、ギアを上げられたと思うし、2回目があるからこそ、もっとギアを上げられる、女子格闘技の注目を集められると思う」と意欲十分。富松戦後には「あと2、3試合でこのリングから降りようかなと思っております」と宣言しており、「私自身、最終章に向けて、この試合勝つか負けるかで人生変わってくると思う。来年に向けて絶対に負けられないです」と必勝を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス