文字サイズ

DDT高木三四郎が肋軟骨骨折 自宅で転倒 脇腹にケトルベル、頭にダンベル直撃

 プロレスラーの高木三四郎(51)が自宅で転倒し肋軟骨骨折の重傷を負った。DDTプロレスリングが11日、発表した。高木は12日の後楽園大会以降の試合を欠場する。

 高木は自身のツイッターでも負傷を報告。「路上プロレスではケガ一つした事ないのに、家で転んでケガをしてしまうなんて。。。」と無念の思いをつづった。

 トレーニング器具のケトルベルの写真を添付。負傷した状況として「転んだ先にこのケトルベルがあって取っ手が脇腹に刺さりました。。ファンの皆様にはご迷惑をおかけしますが少しの間お休みします」と説明。さらに頭部にダンベルが直撃し、「目から火花が出ました。。。」と添えている。

 高木はDDTとノアを傘下にもつ株式会社サイバーファイトの代表取締役社長を務めている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス