文字サイズ

日本プロレス史70年記念大会・丸藤感激「偉大な先輩方あってのこと。光栄」

 岡田欣也(右)にキックを見舞う丸藤正道
 岡田欣也(左)にキックを見舞う丸藤正道
 矢野安祟(右)を攻める丸藤正道
3枚

 「プロレス・日本プロレス史70周年記念大会『LEGACY』」(14日、後楽園ホール)

 日本プロレス殿堂会初の主催大会が行われ、新日本など5団体が提供試合を行った。ノアは丸藤正道、宮脇純太組-岡田欣也、矢野安崇組を行い、若手3人に混じった丸藤が貫禄を見せ、宮脇の勝利をアシストした。

 今年は“日本プロレス界の父”力道山のデビューから70年。節目の記念大会出場に丸藤は「プロレスをやれているのは偉大な先輩方あってのこと。参戦させていただいて光栄」と喜びを語り、「ウチの生きのいい若手、プロレスの未来を彼らが背負うと思うので、先輩方も彼らのことを見て欲しい」と呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス