文字サイズ

拳四朗 コロナ感染の影響なし!V9戦「自信しかない」

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(22日、京都市体育館)

 王者の寺地拳四朗(29)=BMB=が13日、9度目の防衛戦へ向けた練習を東京の拠点である三迫ジムで行い、オンライン上で公開した。試合は今月10日に予定されていたが、寺地は8月25日に新型コロナウイルスに感染して延期。3日まで自宅で隔離、6日に練習を再開した。

 隔離中は微熱が続いた以外に目立った症状はなく、「仕上がりはすごくいい。休んだ分の感覚も戻った」と影響がないことを強調。矢吹について「すごくうまいと思う」と評しながらも「実力的にはボクの方が上なので勝てる自信しかない」とアピールした。

 加藤健太トレーナーも「コロナになる前までに試合に向けてのボクシングを作れていた。ミスなくやってくれれば問題なく勝てる」と太鼓判を押した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス