文字サイズ

中谷 V1へ計量1発パス!長身から挑戦者アコスタ見下ろし20秒にらみ合い

WBOフライ級世界戦の前日計量で、ポーズをとる王者の中谷潤人=トゥーソン(ゲッティ=共同)
WBOフライ級世界戦の前日計量で、ポーズをとる王者の中谷潤人(左)と挑戦者のアンヘル・アコスタ=トゥーソン(共同)
2枚

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(10日、トゥーソン)

 前日計量(上限体重50・8キロ)が9日(日本時間10日)、米国トゥーソンで行われ、初防衛戦で初の米国での試合となる王者の中谷潤人(23)=M・T=は50・5キロ、挑戦者で同級1位のアンヘル・アコスタ(30)=プエルトリコ=は50・8キロでともに1回目でパスした。

 ボクシングの記録サイトのボックスレックによると身長は中谷が170センチ、アコスタが163センチとなっているが、並び立つと、身長差はそれ以上あるように見えた2人。計量後の写真撮影では、中谷は見下ろすような形でアコスタと約20秒間にらみ合った。海外大手ブックメーカーの賭け率は中谷の勝ちが1・17倍、アコスタの勝ちが5倍と中谷有利となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス