文字サイズ

新日本・EVIL、石井から初勝利!東郷&裕次郎介入も「テメエはサシで負けたんだ」

 「プロレス・新日本」(24日、愛知県体育館)

 EVILが石井智宏との5度目の一騎打ちで初勝利を挙げた。

 EVILは6月22日にディック東郷、高橋裕二郎と組んでNEVER6人タッグ王者の石井、後藤洋央紀、YOSHI-HASHI組に挑戦したものの敗北。その後はターゲットを石井に絞り、7月2日の試合後に襲撃し、一騎打ちを実現させた。

 EVILは場外でのラフファイトに加え、東郷の度重なる介入も利用して優位に試合を進めたが、石井も武骨ながらも気迫あふれる攻めで反撃。終盤、EVILはロープを蹴り上げて石井の股間にぶつける頭脳プレーでダメージを与えると猛攻を加え、変型大外刈りのEVILでトドメを刺そうとしたが、石井はアゴに頭突きをたたき込んでチャンスをつかむ。

 そこから延髄斬り、ラリアットをたたき込み、垂直落下式ブレーンバスターを繰り出そうとしたが、EVILは着地して石井をレフェリーにぶつけた。これでレフェリーが意識を失った間に裕二郎も乱入し、石井が迎撃すると、背後からEVILが股間を攻撃。もん絶する石井に裕二郎がピンプジュースを見舞うと、最後はEVILが石井をマットにたたきつけ、意識を取り戻したレフェリーが3カウントを叩いた。

 試合後、勝利をアシストした裕二郎は「石井ちゃん、私が介入屋の高橋裕二郎です」と高笑い。EVILは3人がかりでの勝利にも「石井、テメエは正真正銘、3つ(カウント)取られたんだ。真っ向勝負で3つ取られたんだ。テメエは、サシで、負けたんだ。よく覚えとけ」強弁した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス