文字サイズ

IWGP王者の鷹木、飯伏の出欠決まらず不満「天下の新日本、ガッカリさせんなよ」

 「プロレス・新日本」(24日、愛知県体育館)

 25日の東京ドーム大会で飯伏幸太の挑戦を受ける予定のIWGP世界ヘビー級王者の鷹木信悟が新日本の対応に不満をぶちまけた。

 飯伏は誤嚥性肺炎のため10日から欠場を続けており、25日の出場は回復状況を見ながら判断すると発表されているが、この大会が始まった時点でも結論は出ないまま。

 この日、鷹木はBUSHIと組んで本間朋晃、マスター・ワトと対戦し、自らワトを仕留めた後、「準備運動は今日で終わりだ。いよいよ明日だ」と気持ちを高ぶらせながらも、「だが、なんとも煮え切らないのは、飯伏本人からも、会社からも、正式な発表がない。どうなってるんだ、新日本プロレス。天下の新日本プロレスなんだろ。ガッカリさせんなよ」と不満を口にした。

 それでも、前日から飯伏不在でもタイトルマッチの強行を主張しており、この日も「やるかやらないかじゃないんだよ。タイトルマッチは必ずやるよ。オイ、飯伏、万全ならば出てこい」と改めて主張。「いまさらとやかく言ってもしょうがねえからな。とにかく、明日、オレはいつも通りコスチュームとこのベルトを持って東京ドームに行く。メインイベントのイス開けておけよ、新日本プロレス」と訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス