文字サイズ

小西伶弥は再検査で陰性 陽性判定で高山戦中止も「証明できて、ほっとしています」

 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定され、11月23日に予定された試合が中止となったWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=がその後、2度のPCR検査で陰性と判定されたと発表した。

 小西は陽性判定を受けて、11月23日に兵庫・三田市総合文化センター・郷の音ホールで予定された元世界ミニマム級4団体制覇王者・高山勝成(37)=寝屋川石田=との試合が当日に中止となった。JBCによると、小西は1週間前のPCR検査で陰性だったが、試合前日の計量後の検査で陽性となった。しかし、隔離後に2度の検査を行った結果、陰性と判定された。

 JBCの安河内剛事務局長は「小西選手には申し訳ないが、ガイドラインに沿った試合中止決定に問題はないと考えている。今後は興行において発生し得るあらゆるリスクをどう回避していけるのかを全力で検討していく必要がある」と説明した。

 小西も次のようにコメントを発表した。

「11月23日の試合を楽しみにしてくださった皆様、関係者の皆様試合をお見せすることができなくて本当に申し訳ございませんでした。僕は今回高山選手と戦えることを本当に楽しみに万全の態勢で練習に取り組んできました。試合当日に『陽性』と聞かされた時は本当に信じられませんでしたが、2度にわたるLAMP法とPCR検査の結果、『陰性』と証明できて、家族と共に本当にほっとしています。高山選手と今すぐにでも戦いたい気持ちでいっぱいです!!早く皆さんの前で試合ができることを目標に練習します!」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス