文字サイズ

朝倉未来がまた挑発!斎藤対策は「一切していない。全部オレのが強い」

 「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)

 RIZIN初代フェザー級タイトルマッチで斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=と対戦する朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=が11日、都内の所属ジムで公開練習を行った。

 この日は同大会で朴光哲(KRAZY BEE)と対戦する白川陸斗(志道場)とのマススパーリングで汗を流した未来。約2カ月、8~9ラウンドのスパーリングを行う日々で減量は残り約5キロとなり、「バッチリですね」と好調をアピールした。

 斎藤との対戦発表時から挑発的な言動で自信を示してきたが、この日も「斎藤の対策とか一切していない。レベルが違うと思っていたので。斎藤がオレより寝技が強いから寝技にならないような対策とかじゃなくて、全部オレのが強い」と断言。その一方で斎藤の直近3試合の映像は10回ほど見たと言い、「癖は何個か見抜いた。意外と下からできない。寝技が。右ストレートが結構伸びてくるので、そこだけ気をつけてって感じ」と得意の分析力を披露した。

 「打たれ強いので流れの中で倒せたらいい。今の感じで自然に倒せるんじゃないかと思う。倒そうと力みすぎてきっ抗した試合になるのも嫌なので、冷静にいつも通り」と戦いをイメージ。さらには「左のローキックから入りやすいので、それを斎藤選手に伝えておいた方がいいですね」と、自身の癖まで明かす余裕も見せた。

 今後も世界進出も思い描き、「斎藤選手もフェザー級の、日本ではトップじゃないですか。日本の格闘家は世界で見たらレベルが低い。結果を出せていないから。ここで負けてちゃ話にならない。世界で戦うなら、ここはレベルの差を見せたい」と自身に勝利を厳命。「UFCの試合とか見ていて戦いたいと思う。シンプルに。そんなに差があるとは思えない。そういう夢を追うのもありかなと思っている。RIZINとの契約もあるので簡単に行きたいと言っても行けないですけど、挑戦できる機会があったら挑戦したい」と、世界最高峰の総合格闘技団体UFC参戦への興味も示した。

 また、チャンネル登録者数160万超の人気ユーチューバーで大きな収入を得ているが、格闘技へのモチベーションは「タイトルマッチとかどうでもよくて、オレの強さを証明したい」という。「ボクの中でお金を稼ぐことと格闘技の強さの証明はまったく別物。今回、ファイトマネーは今までの半額ぐらいでやってますから。本当に好きです。格闘技が」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス