文字サイズ

比嘉大吾が10・26移籍後初戦 来年世界奪取目指し「KOで勝って次につなげたい」

 デビュー15連続KOの日本記録を持つプロボクシング元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(25)=Ambition=が10月26日に東京・後楽園ホールで日本バンタム級13位の堤聖也(24)=角海老宝石=と10回戦で対戦することが10日、オンライン会見で発表された。

 比嘉は2月以来8カ月ぶり、白井・具志堅スポーツジム(7月31日に閉鎖)から移籍後初の試合に「日ごろから練習はしてきているので、いつ試合が決まってもいいようにやっていました。初戦なので、しっかり倒して勝ちたい」と準備に抜かりなし。相手の堤とはアマチュア時代に2度対戦して2敗しており、「手数とスタミナがある選手。アマチュアの時からどう変わってきているのか。自分もこの何年かでだいぶ変わってきているので、この試合は楽しみ。KOで勝って次につなげたい」とリベンジに闘志を燃やした。

 指導する野木丈司トレーナーは「非常に充実したトレーニングを積んできた。2月とは別人。ボクシングの勘、パンチングパワー、スタミナも戻って来て、パワーに関しては世界チャンピオン時代より増している」と成長を評価。今後の見通しとして、世界王座奪取を「タイトルにつながるような選手と早く試合をして、来年中にできれば」と目標に掲げ、比嘉自身も「与えられた試合を勝って、早めにもう1回チャンピオンになれたら」と意欲を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス