文字サイズ

井上尚弥 10・31ラスベガスで防衛戦!目のケガ完全回復「いつでもできる」

 オンライン会見でラスベガスでの防衛戦を発表する井上尚弥
3枚

 「ボクシング・WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(10月31日、ラスベガス)

 ボクシングの大橋ジムは9日、オンライン上で会見を開き、WBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)が10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでWBA同級3位・IBF同級4位ジェーソン・マロニー(29)=豪州=と対戦することを発表した。「聖地」ラスベガスでの自身初の試合は無観客で行われる。

 “モンスター”がハロウィーンに仕切り直しの米国本格デビューを果たす。当初はWBO同級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)と4月25日に3団体統一戦を行う予定が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期となっていた尚弥。約1年ぶりの試合に尚弥は「いつでも試合をできるように準備していたので楽しみ」と胸を躍らせた。

 19年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ決勝戦では元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)を破って優勝したが、右眼窩底骨折するなどダメージも大きかった。コロナ禍の影響は「目のケガもあり、自分にはプラスになる期間。4月に試合があったら少し不安だったけど、今は完全に回復した」と前向きにとらえた。

 自身初の本場ラスベガス、そして米国の大手プロモーター、トップランク社と契約後初の試合。自身は引退を35歳に設定しており、「デビューから8年がたってゴールまであと8年となると折り返し。ここがボクの第2章ととらえてもいい」と位置づけた。ドネア戦は約2万人の大観衆から声援を受けたが、今回は無観客。「あそこまでのボクシングを無観客でやりきれるのか。しっかりイメージトレーニングをしたい」とポイントに挙げた。

 相手のマロニーは主要4団体の世界5位以内に入る強豪。尚弥は「タフでスタミナも技術もある。総合力ではカシメロより高い」と警戒するが、父の真吾トレーナーは「いい選手だが、いつも通りの状態なら問題ない」と自信を見せた。

 「KO決着なら序盤か中盤。後半にもつれたら精神力の戦い」とイメージする尚弥。米国には試合の2週間前に入って備える。「元気、活力とか、また明日から頑張るぞという気持ちを出せるような試合を見せたい」とファンに誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス