文字サイズ

杉浦軍が金剛を撃破!杉浦「ノアのメンバーじゃこんなに楽しめない」

 「プロレス・ノア」(5日、後楽園ホール)

 “会社の犬軍団”杉浦軍が反体制ユニット金剛との12人タッグの全面対決を制した。

 杉浦軍は杉浦貴、桜庭和志、ケンドー・カシン、NOSAWA論外、カズ・ハヤシに“一時再雇用”したフリーの鈴木秀樹を加え、拳王、マサ北宮、征矢学、稲村愛輝、覇王、仁王組と激突。12人が入り乱れた熱戦は最後、杉浦軍が稲村を孤立させ、鈴木がツームストーンパイルドライバーからの人間風車で仕留めた。

 試合後は意気揚々とインタビュースペースに現れた杉浦軍。まずはカシンが、先日にノアがDDTなどと経営統合してサイバーファイト社となることが発表されたことで、「新生サイバーファイト軍として、今後、我々のファイトはプロレスではなくサイバーファイト。これからは我々をサイバーファイターと言わせてもらいます」と宣言して去っていった。

 残されたメンバーは困惑気味で、論外は「さすがにサイバーファイトは予測していなくて、笑うしかなかったですね。我々は巻き込まれたんですね」と苦笑。この日はノアの旗揚げ20周年記念日で、杉浦軍唯一のノア所属である杉浦は「いやあ、楽しい。ノアの本当のメンバーじゃこんなに楽しめない」と笑いを誘った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス