文字サイズ

ボクシング・井上浩樹が体重超過も…1時間後に再々計量でパス 体重計の誤差

 ボクシング2大タイトルマッチ(16日、後楽園ホール=無観客試合)の前日計量が15日、都内で行われ、日本スーパーライト級王者の井上浩樹(28)=大橋=は1回目で200グラム超過したが再々計量で63・5キロでパスした。OPBF東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(34)らもパスし、4選手はPCR検査も受けた。結果は16日午前に公表予定。

 浩樹は体重超過を体重計の誤差と通常より早い時間の計量を理由にし、「関係ない」と強調。「日本止まりなのか、世界へ行けるのかはこの試合の勝ち方で分かる」とこの試合を位置づけた。

 後楽園ホールでの試合は2月27日以来。新型コロナウイルスの影響による自粛が明けてから初のタイトルマッチとなる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス