文字サイズ

清水聡、計量一発パス 再起の東洋V5戦でダイヤモンドレフト爆発予告

 「ボクシング・東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ」(16日、後楽園ホール)

 プロボクシングの2大タイトルマッチ(無観客試合)の前日計量が15日、JBCで行われ、OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ(上限57・1キロ)は、王者の清水聡(34)=大橋=と挑戦者の同級14位・殿本恭平(25)=勝輝=はともに1回目に57・1キロでパスした。日本スーパーライト級タイトルマッチ(上限63・5キロ)は王者の井上浩樹(28)=大橋=が1回目に200グラム超過したものの、約1時間後の再々計量で63・5キロでパス。挑戦者の同級1位・永田大士(30)=三迫=は1回目に63・4キロでパスした。また4選手は、義務づけられている新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるPCR検査も受けた。

 プロボクシングは新型コロナウイルス感染拡大の影響によ自粛を続けていた公式試合を、今月12日に愛知県刈谷市での無観客試合で再開した。今回も無観客ながら、2月27日以来140日ぶりの“聖地”後楽園ホールでの開催で、自タイトルマッチは自粛明け初、無観客で行うのは日本初だ。

 ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水は昨年7月にWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者ジョー・ノイナイ(フィリピン)に挑戦してプロ初黒星を喫しただけでなく、両目の眼窩底骨折してからの再起をかけた5度目の防衛戦。自粛も重なって約1年ぶりの試合にも「目のケガもあったんですけど、この期間でゆっくり治せたし、体調も良好。ちょうどいい自分を見つめ直す期間になった」と前向きに受け止めた。

 無観客試合にも「全然気にならない。アマチュアの地方大会では応援は身内だけなので、それとあまり変わらないんじゃないですか」と平然。殿本との戦いを「防御のうまい選手なので、そこをどう崩していくか。いい選手です」とイメージし、「かなりダイヤを磨いてきたので下さい」と、ダイヤモンドレフトと呼ばれる威力を誇る左ストレートの爆発を予告した。

 一方の殿本は日本ユース同級王者を経てつかんだチャンスに「このチャンスを逃してしまったら次に続かないので、ここはしっかりと1回で決めたい。清水さんを倒した日本人はいないので、倒したい」とビッグネームからの王座奪取に気合。清水の印象を「すごい長身でやりにくそうなボクサー。普通のボクサーとは違う角度からパンチが飛んでくるし、拳も硬いと聞いている」と話し、「この試合に関しては失うものは何もないので、それをぶつけるだけ。自分の流れに押し込む形でいけたらいい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス