文字サイズ

“戦うシングルマザー”吉田実代が初防衛 作戦伝授された4歳の娘に脱帽

 「ボクシング・WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 “戦うシングルマザー”の王者、吉田実代(31)が石麗萍(21)を3-0判定で下し、初防衛に成功。最大9ポイント差の完勝だった。クリンチに逃げる相手をフィジカルの強さで圧倒した吉田だが、目指すKO防衛ができず「ふがいない試合だった」とリング上では悔し涙。「大みそかは選ばれた人たちだけが出られる試合。しっかりやろうと思っていたのにうまくいかなかった」と涙の訳を口にした。

 一人娘の実衣菜ちゃん(4)からは、自宅で「まずボディー、ガードしてワンツー、またガードする。わかった?」と作戦を伝授されていたと言い、「すごいトレーナー。指示は守りました」と脱帽。正月は「(映画の)アナ雪2が見たいと言っているので、娘孝行したい」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス