文字サイズ

尾川堅一4回TKOで復帰2連勝!挑戦者決定戦に弾みも相手が来日拒否?

 「ボクシング・10回戦」(6日、後楽園ホール)

 IBF世界スーパーフェザー級4位の尾川堅一(31)=帝拳=がフィリピン・フェザー級12位グレン・メデュラ(23)=フィリピン=とのノンタイトル戦に4回終了TKOで圧勝。9月開催予定のIBF世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦に弾みをつけた。

 当初予定されていた決定戦が相手の同級5位アジンガ・フジレ(南アフリカ)の渡航手続きが間に合わずに延期となり、急きょ組まれた一戦。尾川は序盤から鋭く重い左を中心に圧倒し、2回に左ボディー、3回に連打でダウンを奪うと、4回に猛攻を加えて相手を棄権に追い込んだ。

 17年12月に同級王座決定戦で勝利したものの、薬物違反によって取り消しとなり、1年間の資格停止処分を受けてから復帰後2連勝。約2年ぶりのKO勝利にも「左中心にいったんですけど、ちょっと中途半端だった。結局、右に頼って」と反省した。

 9月の決定戦へ「集中力。ところどころルーズになってしまうので、そういうのが命取りになる」と課題を掲げた。相手のフジレが来日を拒んでいるとの情報が入っているが、「ボクから逃げたかな。だから7月も来なかったとも思いますけど。(帝拳ジムが)入札で勝っていて、日本でできると思っているので、準備するだけ。9月はどんな相手でもやりたい」と気持ちを引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス