文字サイズ

亀田陣営の指摘で相手メディナひげ整えて会場入り 和毅3年2カ月ぶり世界戦

 10日の調印式での亀田和毅(左)とアビゲイル・メディナ
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦」(12日、後楽園ホール)

 元WBO世界バンタム級王者で、同級2位の亀田和毅(27)=協栄=が2階級制覇をかけて、同級1位アビゲイル・メディナ(30)=スペイン=と、3年2カ月ぶりとなる世界戦に臨む。

 試合に向けて両者は会場入り。前日のルールミーティングで協栄ジムの金平桂一郎会長が、メディナの長く伸びたアゴひげの危険性を指摘したこともあり、メディナは刈り整えて姿を現した。

 「亀田3兄弟」の三男・和毅は、2013年8月にパウルス・アンブンタ(ナミビア)との決定戦を制し、WBO世界バンタム級王座を獲得。3兄弟世界王者のギネス記録を達成し、王座を3度防衛した。

 15年5月にはWBO王座を返上してWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑んだが、判定負けでプロ初黒星。同年9月の再戦でも判定負けで連敗して以来、世界戦のチャンスがなかった。

 亀田家としても長男・興毅が15年10月にWBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(ワタナベ)に判定負けして以来、3年ぶりの世界戦。世界戦勝利となると和毅が14年11月のアレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)に判定勝ちしたWBO世界バンタム級王座3度目の防衛戦以来4年ぶりとなる。

 和毅の通算戦績は37戦35勝(20KO)2敗。メディナは24戦19勝(10KO)3敗2分け。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス