文字サイズ

田中恒成V1戦は来春名古屋で田口良一戦か

WBOのチャンピオンベルトを手に笑みを浮かべる田中恒成
1枚拡大

 世界最速タイ12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者の田中恒成(23)=畑中=が8日、名古屋市内の所属ジムで練習を再開した。

 注目の初防衛戦は、田中が熱望していた前WBA、IBF世界ライトフライ級王者田口良一(ワタナベ)との対戦が浮上。来春の地元名古屋開催に向け、畑中会長は「渡辺会長と話を進めていることは事実。いい方向に進んでいる」と認めた。

 昨年末に内定していた田口との統一戦は田中の両目眼窩底骨折で白紙となった。対戦が実現すれば田中にとってケジメの一戦となる。「決まればうれしいですが『ごめんなさい』の気持ちでやるのは失礼な話。田口選手は強い選手なので『やりたい』という気持ちが変わらないだけ」。一度は諦めた夢が再び現実味を帯び、王者は目を輝かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス