文字サイズ

メディナ、亀田和毅の印象は「その辺の人と変わらない」

予備検診を終え、握手をかわす亀田和毅とアビゲイル・メディナ=東京・日本ボクシングコミッション(撮影・金田祐二)
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦」(12日、後楽園ホール)

 予備検診が7日、都内で行われ、WBC世界スーパーバンタム級2位の亀田和毅(27)=協栄=と同級1位のアビゲイル・メディナ(30)=スペイン=はともに異常なしと診断された。

 初来日のメディナは「とてもいい。万全だ」と調整に手応え十分。初対面した和毅の印象について「普通。その辺の人と変わらない」と言い放った。

 それでも、「メキシコのスタイルというのは分かっている。勢いよくやってくるタイプ」と警戒は緩めず。着用しているシャツには大きなハンマーを持った自身の絵が描かれており、「パンチで勝てればいい。勝つために来ている」と、その絵のごときハンマーパンチでのKOに自信を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス