文字サイズ

オメガと棚橋が大論戦 IWGP戦へ応酬の嵐 新日本1・4東京ドーム大会会見

 挑戦権利証を手にする棚橋弘至(右)とベルトを肩にかけて打ち抜くポーズを決めるケニー・オメガ
1枚拡大

 新日本プロレスは9日、都内で会見を開き、来年1月4日の東京ドーム大会のメーンで王者ケニー・オメガ(34)に棚橋弘至(41)が挑戦するIWGPヘビー級選手権試合を行うと発表。2人はプロレス観の違いを主張し合う大イデオロギー論争を繰り広げた。

 まず棚橋が前日に3度目の防衛を果たしたオメガを猛批判。「試合の中でいくつものWHY、なぜ?があった。戦い方に理解できない部分が多い。技術もビジュアルもいいけど、昨日気づきました。プロレスに品がない」と指摘した。満身創痍(そうい)の状態だが、「コンディションは、ケニーと雲泥の差がある。それでも必ずベルトをもう一度巻きます」と覚悟を示した。

 一方のオメガは「お前は伝統を引き継ぎ、日本のプロレスをけん引していたかもしれないが、それでは世界は変えられない」と反論し、「オレだから新日本を世界規模の企業にできた。お前じゃダメだった。自分のやっているプロレスこそ品があり、最高に優美なものと信じている。その方法で完膚なきまでに倒したい」と宣言。両者の激論は1時間以上も続き、最後まで相いれないまま終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス