文字サイズ

井上、KO勝利に「試合は完璧」 ボクシング、初防衛から一夜明け

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が1回1分10秒、衝撃のKO勝ちでの初防衛から一夜明けた8日、横浜市内で記者会見し「試合は完璧。百点。(KOの形は)過去ナンバーワン」と圧勝劇を自画自賛した。KOシーンの映像を約50回は見たという。

 「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦で、元世界王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を右の一撃で倒した。25歳の王者は「内容も求められていたのでほっとした。家族旅行をしてリラックスしたい」と柔らかな表情を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス