文字サイズ

復帰戦勝利の井岡一翔に美人レポーターも“一目惚れ”「米国でも人気出る」

 井岡(右)にインタビューする美人レポーター・シンシアさん(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

 昨年末に引退を表明し、7月に現役復帰を発表した元世界3階級王者の井岡一翔(29)=SANKYO=が8日(日本時間9日)、米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された軽量級の精鋭を集めた興行「スーパーフライ3」で王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=との復帰戦に臨み、3回にダウンを奪うなどして、3-0(97-92×2、99-90)の判定で完勝した。

 試合後の井岡に単独インタビューを敢行した「RING TV」の人気美人レポーター、シンシア・コンテさんは「すばらしい戦いだった。彼の試合を初めて見ましたが、なぜ彼が日本で愛されているかがよく分かりました。アローヨを相手に粘り強く戦っていた」と感想を語った。

 この日はリングサイドで観戦。「私の周りにいたメディアの人たちも『この若者は本物だ』と言っていました。米国でも人気は出ると思います」とボクシングの本場での成功に太鼓判を押した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス