文字サイズ

井岡父もリングサイドで声援「あんだけ応援してくれてたら、そりゃ聞こえますよ」

激闘の復帰戦を振り返る井岡(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

 元世界3階級制覇王者の井岡一翔(29)=SANKYO=が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、3回にダウンを奪うなど3-0(97-92×2、99-90)の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。

 父である井岡ジム・井岡一法会長もリングサイドから声援を送った。現役復帰にあたり、父の元を離れて米国進出を選んだ息子。未知なるスーパーフライ級で、強豪アローヨからダウンを奪う完勝に「いやあ、よかった。正確に言ったら、1年4カ月ぶりだけどねえ。こっちもボクシング分かってるし、その不安はあったけれども、まあアグレッシブにね」と安どの表情を浮かべた。

 昨年大みそかに現役引退した一翔が、今年7月に復帰を表明。当時、一法会長は「ボクシングをやってくれることはうれしい。時間がたったら、走りだすことはうすうす分かっていた」と息子の決断にエールを送っていた。

 一翔も試合中、父親の声は聞こえていたという。「めちゃ、聞こえましたよ。あんだけリングサイドから応援してくれてたら、そりゃ聞こえますよ」。そして「今、できる親孝行っていうのは、こういうことだと思うので、僕がこの新たな環境で活躍することが、多分、両親を喜ばせることだと思うので、僕も成長したとこを息子として見せれたんじゃないかなって思います」と、この勝利の持つ意味を見いだした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス