文字サイズ

井岡一翔、米国初陣で手応え「この階級でも通用するっていうのは証明できた」

激闘の復帰戦を振り返る井岡(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

 元世界3階級制覇王者の井岡一翔(29)=SANKYO=が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、3回にダウンを奪うなど3-0(97-92×2、99-90)の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。試合後、井岡はスーパーフライ級で戦っていくことへの手応えを口にした。

 今年2月に元WBC世界同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ちするなど、この階級のトップ選手の一人であるアローヨからダウンを奪っての大差判定勝ち。引退を撤回しての復帰戦で、勝利のコールを受け、「この試合に出る思いっていうのは相当な気持ちがあって、結果にこだわってやってきたので。やっぱ特別なというか、特別うれしかった」と正直な気持ちを明かした。

 1階級上げて戦うことを不安視する声も吹き飛ばした。「実際、この階級でも通用するっていうのは証明できたと思う」。米国デビュー戦でみせた進化と変貌。日本選手初の4階級制覇へ確かな手応えをつかんだ。

 スーパーフライ級では、すでにWBAで2位にランクされているが、この勝利で他団体でもランクインすることが濃厚。早ければ次戦にも4階級制覇に挑戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス