文字サイズ

新日本・内藤が痛烈挑発「ハートをつかめると思ったら大間違い」鈴木は無言で大暴れ

 鈴木みのる(下)を場外で攻める内藤哲也
鈴木みのる(左)にドロップキックを見舞う内藤哲也=後楽園ホール
2枚2枚

 「プロレス・新日本」(8日、後楽園ホール)

 17日の大分・別府ビーコンプラザ大会で鈴木みのると対戦する内藤哲也が前哨戦で激しく鈴木をののしって激怒させ、本番前に緊張を高ぶらせた。

 内藤はBUSHI、SANADA、EVILと組み、鈴木、エル・デスペラード、TAKAみちのく、飯塚組と対戦。イスやテーブルで殴打するなど鈴木組の激しいラフ殺法に内藤組は圧倒されたが、最後はBISHIがデスペラードを捕らえてMXで仕留めた。

 だが、鈴木組が試合後も大暴れする中、内藤は涼しい顔でマイクを持ち、「王様、一体どうしてそんなにお怒りなんですか?王様は一体何がしたいんですか。ただただ怒り狂ってるだけでお客様のハートをつかめると思ったら大間違いですよ」と挑発。さらに、「何か思っていることがあるなら、口に出して、そして、内藤哲也に伝えてみてはどうですか。王様、ぜひ今のあなたの気持ちをお聞かせください」と呼びかけ、からかうようにマイクをぶらぶらさせて鈴木に見せつけた。

 これに鈴木は怒りの形相となり、いったんマイクをつかんだものの何も言わず、すぐに投げ捨て、若手レスラーを手当たり次第に張り倒しながら去っていった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス