文字サイズ

王者京口、シュガードーナツ減量作戦で「調子がいい」リミットまであと2キロ

 ミット打ちで左のボディーを放つIBF世界ミニマム級王者の京口紘人
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」(20日、大田区総合体育館)

 IBF世界ミニマム級王者の京口紘人(24)が15日、都内の所属ジムで2度目の防衛戦へ向けた練習を公開。1週間前まで毎日コーヒー店でシュガードーナツとアイスコーヒーを口にしながら1時間ほど過ごして練習していたことを明かした。

 食べたくなったからと言うのが始めた理由だが、「練習の3、40分前に食べるとすごく調子がいいんですよ。疲れもたまらない。汗の出もよくなるし、気持ちも落ち着く」と思わぬ効果があることに気づいた。

 そのおかげか、減量もリミットまで2キロを切った京口は上半身裸で調整。肌の色つやもよく、ミット打ちなどで軽快な動きを見せ、「順調です」と仕上がりに手応え。「中盤までに倒せたら。理想は4、5回ぐらいに」と、KOにも意欲を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス