文字サイズ

カシアス内藤氏の長男・律樹が初防衛 冷や汗ものの勝利に反省「まだまだ」

 小差の判定で初防衛に成功した内藤律樹
1枚拡大

 「ボクシング・OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ」(15日、後楽園ホール)

 元東洋ミドル級王者カシアス内藤氏の長男、内藤律樹(26)が2-0の判定で初防衛に成功した。2回にバッティングで左目上から出血しながらも、左ボディー攻撃などで優位に立つ。だが11回、出血を気にしたところに右をもらいダウン、12回にも右でダウンを奪われるも最大2点差で逃げ切った。

 冷や汗ものの勝利に「あそこで一発もらうようじゃ」と反省。それでも「勝ちでつなげただけラッキー。まだまだ遠い道のりと実感できたんで、ここからです」と前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス