文字サイズ

ミスターシュートボクシング・宍戸が復帰!? 当日は4月1日…

シュートボクシングの宍戸大樹(C)SHOOT BOXING
1枚拡大

 シュートボクシング(SB)の“ミスターSB”こと元SB東洋太平洋ウエルター級王者・宍戸大樹(シーザージム)が「SHOOT BOXING 2018 act.2」(4月1日・後楽園ホール)で復帰することが8日、発表された。

 宍戸は長らく70kg級のトップ戦線で活躍し、アンディ・サワー、ブアカーオ・ポー.プラムックといった世界の強豪とも激戦を展開。2016年4月、ジャオウェハー・シーリーラックジム(タイ)を相手に引退試合を行い、ヒジを何発も食らってTKO負け。18年間の格闘技人生にピリオッドを打った。

 その後は後進の育成に励んでいたが、2年ぶりに復活。対戦相手は現在調整中だという。とはいえ、試合当日は4月1日つまりエープリルフール。宍戸の真意がどこにあるのか、注目される。

 また、SB日本スーパーウエルター級王者・北斗拳太郎(ボスジムジャパン)と向柏榮(パク・ウィング・ヒョング=香港)の一戦も決定。

 「北斗の拳」のケンシロウになりきる“なりきり格闘家”北斗は昨年2月、坂本優起から王座を奪取したが、今年2月の開幕戦では忍アマラー(モンゴル)に延長戦の末、僅差の判定で敗れており、今回が再起戦。向は坂本を2度破っているSB香港のエースで、この試合を王座挑戦の足がかりとする構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス